こんにちは!assort New Yorkです!

先日観た映画「Tangerine」を紹介したいと思います!

まずはトレイラーをご覧下さい!

 

 

なんとこの映画、実はすべて

iPhone 5cで撮影されているのです!

ロスのウェストハリウッド地区を舞台に、トランスジェンダーの二人が織りなすスタイリッシュなコメディーだが、リアルで魅力的な登場人物と甘く切ない友情が心に残るストーリー。

主演のマヤ・テイラーには早くも「トランスジェンダー初のオスカー賞候補」という声もあがっており、また、アメリカ全州で同性婚が合法になったばかりということでも話題性たっぷり。

監督はショーン・ベイカー。

脚本、カメラ、監督、編集全てを彼が行っています。

iPhoneを使ったのは話題作りのためだと思ったのですが、記事を読んでみたらそうではなかったのです!

「もしお金があったら35ミリのフィルムで撮ったよ。予算がない中どうやって撮ろうと考えて、苦肉の作だったんだ。」逆に、iPhoneで撮ったことは当初は言いたくなかったそう。実際、もし言われなければiPhoneで撮影したとは分からなかったくらいのクオリティとなっています。

 

映画の内容も出てくるキャラクターも明るく、それでいて、タフで、ちょっと切ない恋愛と友情のストーリー。

今すぐLAにも行きたくなってしまう素晴らしい映画ですので、是非ご覧ください!