こんにちは!

assort NYです!!

今日はカラー剤について。

最近ちらほらと聞くのですが、海外のカラー剤の方がよく染まるんですか?とか海外のカラー剤は傷みやすい?

という質問。

ちなみにassort NYでは日本のカラー剤を主に使用しています、海外の物もなかにはあります。

もちろんメーカーさんによってそのカラー剤の特徴は違うのですが、

平均的に見て、海外のカラー剤は発色はいいけれども少し傷みやすいのかも。。

日本のカラー剤は色持ちがよくダメージが少ないものが多い気がします。

そして一番の違いはこれ

image2

美容師さんがよくシャカシャカとカラー剤を混ぜているのですが、実はカラーとはカラー剤とこの過酸化水素を混ぜて作っています。

よくみると、

image3

6%と2%と書いてあります。

簡単に言えば過酸化水素の濃さ。

パーセントが上がれば強いとゆうことです。

私達美容師はお客様の髪の状態を見極めてこのパーセントを使いわけています。

ただ!日本では法律上6%までしか使えませんが、

海外ではなんと9%と12%まで使えちゃいます!!

1.5倍から2倍の強さのカラー剤を作る事ができるんです。

めったに使うことはありませんが。。

カラー剤は海外の物がいい!日本の物がいい!ではなく、求める色と髪の状態を見極めて使い分けることが重要です!

もちろんassortの経験と知識豊富なスタイリストはお客様のご希望のカラーにするために最適な物を使用させて頂いております!

こうゆうカラーにしたいな、こうゆうカラーできるのかな?と疑問に思ったら是非assortスタイリストにご相談ください!