normal

 

髪をドライヤーで乾かすのか、それとも自然乾燥か?

メリット、デメリットを考えてみましょう!!

 

「自然乾燥のメリット」

 

・時間と手間がかからない

自然乾燥は、シャンプー後に「何もしない」ということなので、髪を乾かすための時間と手間を省くことができます。

その分、他のことに時間を使えます!!

・乾かし過ぎがない

ドライヤーのように髪に熱を与えずに済むので、乾かし過ぎることがありません!!

もちろん、熱によって髪にダメージを与えることもありません。

・電気代を節約できる

ドライヤーは意外に電気を消費する電化製品なので、これを使わないことで、わずかですが電気代を節約することができます。

・パーマやカラーを維持できる

ドライヤーを当てるとパーマやカラーが熱で取れやすくなります。

自然乾燥なら、熱によるダメージを受けないので、その分、パーマやカラーを維持することができます。

 

「自然乾燥のデメリット」

 

・雑菌が繁殖しやすい

水分を多く含んだ髪や頭皮は雑菌が繁殖するのに絶好の環境になっています。

そのため、頭皮の健康を損なう恐れがあり、かゆみや吹き出物の原因になります。

症状が進行すれば、薄毛の原因にもなりかねません。

・髪が傷みやすい

髪の毛は、濡れているときは表面のキューティクルが開いていて、内部の角質繊維は結合が外れた状態となっており、髪が乾くにつれて再結合する仕組みになっています。

そのため、濡れたままの髪は、非常に傷みやすい状態にあります。

その間に、指でとかしたり、ブラッシングなど物理的な力が加わると、乾いているときよりも軽い力で髪の毛が伸びてしまいます。

また、完全に乾かないうちに寝てしまうと、枕との摩擦によってキューティクルが傷ついたり、剥がれたりしてしまいます。

その結果、朝起きると髪がバサバサになっているということがあるはずです。

 

woman-with-blow-dryer-287x300

 

では、やはりドライヤーは使うべきなのか?

 

自然乾燥のデメリットのひとつである「雑菌の繁殖」を防ぐには、無駄な水分を速やかに乾かすことが大事で、それにはドライヤーを使うしかありません。

もうひとつのデメリットである「キューティクル」の問題についても、開いた状態から正常な状態に戻すためには、早めに乾かす必要があり、やはりドライヤーが欠かせない存在となってきます。

ドライヤーは「かけ過ぎ」「乾かし過ぎ」が問題なのであって、使用すること自体が「悪」ではないのです。

 

シャンプー後は、適切にドライヤーを使って乾かすほうが、髪にとっては良いと言えます。

 

 

 

画像

http://stat.ameba.jp/user_images/20140515/16/tacci-n/d4/32/j/o0480027112941952183.jpg

http://d20u4i5j3l9sia.cloudfront.net/206140/o0480047112860598674.jpg/normal?1397474172

http://smartgirltips.com/wp-content/uploads/2012/06/woman-with-blow-dryer-287×300.jpg