NYニューヨークマンハッタンに今日本で最も注目されているヘアサロン・美容室がNEW OPEN!メディアで大活躍中、東京発の日系美容室NY店!(日本人美容師在籍)

Bushwick Collective

Bushwick Collective

Hi !! Shawnです。

今日はニューヨークで急激に変化しているエリア、

ブルックリンのブッシュウィックについて書かせて頂きます。

ブッシュウィックは以前、治安が悪くとても犯罪が多いところだったそうですが、

2012年に「Bushwick Collective」というストリートアートを増やす

プロジェクトによりエリアがみるみるイイ方向に変わっていきました。

グラフィティアートを描いてもらう団体を立ち上げたのは、

危険だったブッシュウィックのエリアに古くから住み

父親を犯罪に巻き込まれたことにより亡くしている

Joseph Ficaloraさんが始めたプロジェクトです。

彼自身はアーティストというわけではありませんが、

キュレーター、コーディネーターとして活躍しているそうです。

IMG_1472

マンハッタンのSOHO,ロウアーイーストサイドをはじめ、ニューヨーク中で

合法的にグラフィティを描くことが難しくなっていってる中、

このブッシュウィックのエリアでは無償でウォールを提供していたこともあり

世界中から多くのアーティストを惹きつけ急激に作品が増えました。

ただ人が集まるホットな場所になってくると、ほっとかないのが

広告会社や、大企業です。

現在企業が自社の広告用に目立つウォールを借り上げはじめたため

壁のレントの高騰が起こり始めています。

今までブッシュウィックでは壁を無償で提供しそこに無償でアーティストが

描きたいアートを描くことで街を変化させていきましたが、

そんな環境がいつまで続いていくかは分かりません。

ブッシュウィック・コレクティブはジェファーソンストリート駅周辺を

中心としたオープンな屋外グラフィティアートのコレクションです。

個性の光る傑作アートが見られます。

IMG_1470

ブッシュウィックのグラフィティは意外と広い範囲に点在しています。

グラフィティ全部を見て周ろうと思うと3時間以上かかります。

倉庫街の奥の方まで行くと見られるイイ作品も、

もちろんありますが一番のハイライトは

ジェファーソンストリート駅周辺のブッシュウィックコレクションです。

とりあえずそこを目指し、あとは時間が許す限り足を

延ばしていくといいかなと思います。

ニューヨークには他にもグラフィティが楽しめる場所が色々あります。

見て周るのは楽しいのでオススメします。

IMG_1471

 

 

 

 

 

By | 2016-11-25T20:13:44+00:00 8月 27th, 2016|おすすめスポット, 海外ニュース|0 Comments

Leave A Comment