NYニューヨークマンハッタンに今日本で最も注目されているヘアサロン・美容室がNEW OPEN!メディアで大活躍中、東京発の日系美容室NY店!(日本人美容師在籍)

使いこなせばメリットだらけ。ドライヤーの冷風!!

Home/毛髪知識/使いこなせばメリットだらけ。ドライヤーの冷風!!

使いこなせばメリットだらけ。ドライヤーの冷風!!

 

141114cafeglobe_hair-thumb-640x360-81278

ヘアドライヤーには必ずと言っていいほど冷風が付いていますよね。
この”冷風機能”使った事ありますか?

もしかして、「夏の暑いときに髪を乾かす時、温風のかわりに使っている」「夏、髪を乾かした後の汗ばんだ顔を冷やす」そんなカンジですか?

実はこの”冷風”うまく使ってあげると、ヘアスタイルの仕上がりがワンランクアップするんですね!

では、何の為に使うかといいますと……

ブローの仕上がりを長持ちさせる為に使います!!

髪の毛のたんぱく質は、熱を加えられると柔らかくなりセットしやすい状態になります。こうして温風でセットされた状態の髪を、ドライヤーの冷風機能を使って急激に冷やすと、たんぱく質が固まってセットが固定されるのです。

さらに、髪のキューティクルを引き締めて、髪にツヤを出す!!

温風をあてた髪はキューティクルが開いたままになっているため、そのまま放置するとツヤのないパサついた髪になってしまいます。なのでブロードライ後の乾いた状態の髪に、冷風を当てる事で、開いていたキューティクルが髪が冷やされる事によって閉じ、髪全体にツヤが出てきます。

さらには、髪のボリュームを出したり、抑えたりできる!!

ボリュームを出したい部分の髪を握り、まず根元に温風をあてます。その後冷風をあてて冷まします。こうする事で髪が多少固定されるので、スタイリング剤をつけた後もボリューム感を長持ちさせることができます。特にショートヘアのトップなどに有効です。

ボリュームを抑える場合は、乾きたての状態でサイドやハチのボリュームを潰したい部分を手で押さえ、隙間に温風を送り手で髪を押さえたまま冷風に切り替えて冷やします。そうすると、かなりボリュームを抑える事ができます。

どうですか?

ドライヤーの冷風をうまく使ってあげるといいことだらけ!?

今晩から早速やってみましょう!!

 

 

画像

http://kirakira-girls.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_660/kirakira-girls/m_images.jpg

http://www.lifehacker.jp/assets_c/2014/11/141114cafeglobe_hair-thumb-640×360-81278.jpg

By | 2016-11-25T20:16:09+00:00 11月 24th, 2014|毛髪知識|0 Comments

Leave A Comment