NYニューヨークマンハッタンに今日本で最も注目されているヘアサロン・美容室がNEW OPEN!メディアで大活躍中、東京発の日系美容室NY店!(日本人美容師在籍)

美容師が教える正しいシャンプーの仕方!!

//美容師が教える正しいシャンプーの仕方!!

美容師が教える正しいシャンプーの仕方!!

 

今更ですが、みなさんシャンプーする時ってどこを洗ってますか?

実はシャンプーの時、僕達美容師が洗っているのは頭皮なんです。大切なのは頭皮の汚れをしっかりと落としてあげる事です。

s_51549868s

シャンプー剤をつけて髪を洗うことの意味は、髪の毛そのものを洗うことではなく、頭皮から分泌される皮脂や老廃物を洗い落とすことにあります。シャンプーすることを『洗髪』といいますが、本当は洗髪ではなく『洗頭』と言った方がわかりやすいと思います。
シャンプーの基本中の基本は、髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うこと。こう考えれば、シャンプーの仕方も自然と変わってくるのではないでしょうか。

まずは、髪の毛にお湯を含ませるようにして全体を濡らします。そのあと、しっかりとお湯で髪の毛を流してあげましょう。こうする事でシャンプーの泡立ちも良くなりますし、髪の毛の汚れの70%ぐらいは落とすことができます。お湯の温度は人肌ぐらい38℃が適温です。熱すぎると頭皮の油分を取りすぎてしまうため、頭皮が必要以上に油分を補おうとし、頭皮のベタつきやトラブルの原因になりかねませんので注意してください。

シャンプー剤をショート・ミディアムヘアの場合は約1プッシュ、ロングヘアの場合は約2プッシュを手に取り、お湯を加えながら手のひらでよく泡立てます。そしてシャンプー剤は髪の毛ではなく頭皮につけてください。そして、指の腹でマッサージするようなかんじで『頭皮を洗います』。頭皮は髪の毛が生まれる土壌といってもいい大切なところですから、汚れを落とすことはもちろん、よくマッサージして、健康な地肌を保ちましょう。この時決してつめを立ててはいけません。頭皮が傷ついてしまいます。

すすぎも重要です。最初に髪の毛を濡らすときと同じように、地肌に手を入れお湯をためながらすすいでいきます。頭のてっぺんからシャワーでジャージャー流すだけではなく、手を使って髪にお湯を含ませながら、やさしくシャンプー剤を洗い流してください。髪の長さにもよりますが、すすぎには3分ぐらいかけてしっかりとシャンプー剤を洗い流してください。

シャンプー後は少し髪の毛の水分を切ってから、トリートメントをつけます。この時頭皮にはつけてはいけません。毛穴がふさがれ、かゆみや抜け毛の原因になってしまうので、髪の中間部分から毛先につけてください。すすぎはしっかりと髪のぬめりが取れるまで行ってください。

shampoo-baby2-300x221

髪と頭皮の健康を保つためには、日々の正しいシャンプーの仕方が大切です。さっそく今日から実践してみてくださいね!!

 

 

画像

http://natsume-haircare.net/wp-content/uploads/2014/08/H1409062.jpg

http://scalp-and-shampoo.jp/wp-content/uploads/2013/04/s_51549868s.jpg

http://blogs-images.forbes.com/amywestervelt/files/2011/11/shampoo-baby2-300×221.jpg

By | 2016-11-25T20:16:12+00:00 11月 6th, 2014|毛髪知識|0 Comments

Leave A Comment