NYニューヨークマンハッタンに今日本で最も注目されているヘアサロン・美容室がNEW OPEN!メディアで大活躍中、東京発の日系美容室NY店!(日本人美容師在籍)

魔の三角地帯

Home/海外ニュース/魔の三角地帯

魔の三角地帯

こんにちは!!

assort NYです!!

今日は身の毛もよだつ都市伝説’’バミューダトライアングル’’の謎について。。

そのバミューダトライアングル、実際はどこに位置するのかというと。。。

139-jikenchizu

フロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域です。

今でもこの海域では、原因の分からない消失事件が起きているそう、事件の特徴として、次のようなものが上げられます。

消失した船や、飛行機の残骸が、まったく発見されない、消失する前に突然、方位磁石や計器が狂う。この地域で、不思議な光が出現するのを目撃したという報告がある。

多くの謎に包まれている船「マリー・セレスト号」

300px-Mary_Celeste_as_Amazon_in_1861

1872年、イギリスの船が漂う「マリー・セレスト号」を発見。船長以下、数人の乗組員か乗り込んだが、その船の中には人っ子一人いなかった。甲板は嵐で傷んでおり、甲板下には海水が侵入していたが、全体として大きな損傷は見られず、乗員が船を棄てる理由が見当たらない。中を調べてみると、船長室のテーブルには食べかけの暖かい朝食、コーヒーはまだ湯気を立てており、船員の部屋には食べかけのチキンとシチューが残っていた。

22032008_warbird3

1963年9月22日、アメリカ空軍大型輸送機C133カーゴマスターが10人の乗員を乗せて大西洋のアゾレス諸島から飛び立った。15時ごろ「本機はただいまマイアミビーチより南東150キロの海上上空を飛行中。」

と報告はあったものの、このままカーゴマスターは消息を絶った。いくに呼んでも応答がない。この後、アメリカの空軍や海軍が一週間の間、200機の飛行機や30隻の艦艇で考えられる全ての地域を探し回ったが、機体の破片も乗組員の死体も、パシュートや救命具も発見されなかった。

この魔のバミューダトライアングルいろいろな憶測が飛び交っています。

ワームホール説

異次元へ行ってしまう時空のゆがみ!?

宇宙人による誘拐説

宇宙人の人類捕獲作戦!?

メタンハイドレート説

プラズマが発生して磁気を狂わせる!?

といろいろな説がありますが真相はつかめず。。

ちなみに日本にもこの魔の三角地帯が!!

           ドラゴントライアングル

太平洋の、千葉県野島埼、小笠原諸島、グアムを結んだ三角形海域だそう。。

余談ですが海事法では遺棄船を見つけて最初に船にロープ投げた人が所有権をもてるそうです!!

皆さんご旅行の際にはお気を付けください。。。。

アイキャッチ画像

http://livedoor.blogimg.jp/km_matsu/imgs/4/4/44f11370.jpg

その他の画像

http://blog-imgs-21.fc2.com/h/i/t/hitsujinokuni/22032008_warbird3.jpg

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/92/Mary_Celeste_as_Amazon_in_1861.jpg/300px-Mary_Celeste_as_Amazon_in_1861.jpg

http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/kaiki2/139-jikenchizu.jpg

By | 2016-11-25T20:17:27+00:00 3月 8th, 2014|海外ニュース|0 Comments

Leave A Comment