NYニューヨークマンハッタンに今日本で最も注目されているヘアサロン・美容室がNEW OPEN!メディアで大活躍中、東京発の日系美容室NY店!(日本人美容師在籍)

知ってる?床屋さん「赤・青・白」の正式名!?

//知ってる?床屋さん「赤・青・白」の正式名!?

知ってる?床屋さん「赤・青・白」の正式名!?

 

今日は美容ではなく理容の話題を。最近少なくなってきたとはいえ皆さんおなじみの理容室のサイン、「赤、青、白」の”ぐるぐるまわるやつ”

signpole

そう、一般的には「サインポール」と呼ばれていますが、こちら正式名称を

「有平棒(あるへいぼう)」!?

といいます。英語では「Barber’s pole」といい世界共通、理容室のシンボルです。

ちなみに日本名「有平棒」とは1600年代にポルトガルから伝わった砂糖菓子「有平糖(あるへいとう)」に似ていることから名づけられました。

aruheitou

確かに似てますね!!

 

実はこの赤、青、白の「サインポール」の由来は中世ヨーロッパまでさかのぼります。諸説ありますが、最初の説は、12世紀当時の理容師が外科医も兼ねていたため、赤は動脈、青は静脈、白は包帯を表しているという説。しかし、血管に動脈と静脈がある事が発見されたのが、17世紀なので、12世紀に血管を赤と青で分けて表示したという事は考えられないという指摘があります。現在ではこの説は”ガセ”と結論づけられてます。

その他の有力な説としては、中世イギリスで当時理容師が外科医も兼ねていたことから、血液を表す赤と、包帯を表す白の2色で「サインポール」は誕生し、その後理容師と外科医を分ける事になったため、理髪店は赤白に青を加える動きもあったが定着せず、後にアメリカで同国の国旗の色である青が加えられ現在の色になったという説もあります。

 

余談ですが、この「サインポール」アジアのある地域では風俗店をあらわしているそうです。入口に「サインポールが」1本なら通常の床屋、2本ならそっち系の店だとか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像

http://www.retroplanet.com/blog/wp-content/uploads/2012/10/barber-blog.jpg

http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Circuit/7631/chieben/explain/signpole.jpg

http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Circuit/7631/chieben/explain/aruheitou.jpg

By | 2016-11-25T20:17:31+00:00 2月 12th, 2014|サロンニュース|0 Comments

Leave A Comment