NYニューヨークマンハッタンに今日本で最も注目されているヘアサロン・美容室がNEW OPEN!メディアで大活躍中、東京発の日系美容室NY店!(日本人美容師在籍)

ハリ、コシ、ツヤって何だ?

Home/毛髪知識/ハリ、コシ、ツヤって何だ?

ハリ、コシ、ツヤって何だ?

 

 

 ”ハリ、コシ、ツヤ” ってよく耳にする言葉ですよね。

なんとなくイメージできるけど、例えば”ハリ”と”コシ”の違いを説明できる人って

美容師さんでも少ないんじゃないでしょうか?

今日はその定義をお伝えします。ちょっとマニアックですが…

images (2)

 

まずは”ハリ”から

”ハリ”とは髪の「引っ張り強度」です。

髪の毛1本を一定方向に引っ張った時に、切れずに耐えられる限界の強度です。

乾いた状態の髪の毛1本は150g(卵Мサイズ2.5個)の重さに耐えられます。

昔、髪の毛でトラックを引っ張るシーンを、テレビの超人特集で見たことありますが、

頭全体の髪の毛を束ねると、1.5トンもの重さを引っ張れるんです。

ana3

こちらはヘアアナライザーといって毛髪の強度を測定する機器です

 

 

”コシ”とは髪の「弾力」です。

スプリングやゴムは引っ張ると伸びて、力を抜くと元の長さにもどります。

このような性質を”弾力性”と言います。毛髪もゴムほどではありませんが、

かなりの弾力性があります。例えば毛髪を指に巻きつけても、おさえた指を離すと、

くるくると元の真っすぐな毛にもどってしまうことも、弾力性の証明です。

髪の毛は弾力性があるほど健康と言えます。

photo01

 

”ツヤ”とは髪の「水分量」です。

髪の毛の水分量って、一体どれくらいなのでしょう。

さらツヤの髪の水分量は、12~14%と言われています。

髪は水分量を失うと、はねやすくなったり、広がりやすくなりますし、

髪の保護膜であるキューティクルが剥がれてしまうので、枝毛や切れ毛が発生して、

見た目にも手触りもパサパサになってしまいます。

繰り返すカラーリングやパーマで髪の中のタンパク質が破壊され、

髪は6~8%という量の水分しか保持できなくなり、当然、髪はパサパサになるのです。

images (1)

 

以上”ハリ、コシ、ツヤ”についての、お話でした!!

 

 

画像

https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTdtem42P7DkFImPAz6of2aqLBirk9I5y83ZTzir5GSjP4iSQJN

https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQI9NdtpETzFoiZomxpnIoJqpKi3nFSA8dWOVUC5R337Pb7aPgRyA

http://www.k2u.jp/a_3images/ana3.jpg

http://www.saticine-md.co.jp/images/company/release/110827/photo01.jpg

https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTROFcjYx8EQVKZZboHfKjGbQoiQsqS1d9jGW5_HzrrlTQZVcIuxg

 

By | 2016-11-25T20:17:52+00:00 12月 14th, 2013|毛髪知識|0 Comments

Leave A Comment