NYニューヨークマンハッタンに今日本で最も注目されているヘアサロン・美容室がNEW OPEN!メディアで大活躍中、東京発の日系美容室NY店!(日本人美容師在籍)

ドライヤーで髪は傷むの???

Home/毛髪知識/ドライヤーで髪は傷むの???

ドライヤーで髪は傷むの???

 

”ドライヤー”って髪が傷むの???

 

その答えは、正解でもあり不正解でもあります。

 

 

 

ドライヤーは、正しい使い方をマスターすれば、傷みません!!

濡れている状態の髪は、キューティクルが開いています。この状態で髪の毛が枕、タオルあるいは

髪の毛どうしで摩擦すると

傷みます。

26878-1-20131028175254_b526e25e6cf228

要は濡れたダンボールのようなものです。

濡れたダンボールって、すぐに表面が剥がれますよね?

それと同じで髪の毛も濡れていると傷みやすい状態にあり、そのときにゴシゴシされると、

ダメージが必要以上に多くなります。

 

では、ドライヤーによる痛みの原因は何でしょうか?

それは

”熱”

です。

ドライヤー風を至近距離から手に長時間当ててみてください。かなり”熱い”です。

その熱を至近距離から髪に当てると当然傷みます。髪を乾かす場合は、

ドライヤーと髪の毛の距離は20cmがベストです。

o0413041312665273028

最初は強で、髪の毛を手で持ち上げるように、根元の方からかけていきます。

この時も、髪の毛は優しく優しく扱ってくださいね。毛先に集中してかける方もいらっしゃいますが、

毛先は無理にかけなくても、根本のほうから乾かしていくと、余熱である程度乾きます。

頭皮や根元がしっかり乾燥していないと、跳ねの要因や、臭いの要因にもなりますので注意してくださいね。

さらにしっかりと乾かしていないと、眠った時に、枕や布団などと髪の毛の摩擦が、増えてしまうので

髪の毛を痛めてしまいます。

そして、仕上げに冷風を当ててあげることにより、キューティクルが収縮して、

サラサラなツヤのある髪ができあがります。

自然乾燥については賛否両論あるようですが、しっかりとタオルドライができていて、

髪の毛がその後15分くらいで乾き切る環境なら問題ないでしょうが、

髪のキューティクルのことを考えると、ドライヤーを使うべきだと思います。

先程も書きましたが濡れている間は、髪の毛は非常に傷みやすい状態にあります。

ですから個人的には、自然乾燥はおすすめしません。

 

 

 

画像

http://低温ドライヤー.jp/img/kamitoraburu.jpg

https://www.miraiku.jp/global-image/units/img/26878-1-20131028175254_b526e25e6cf228.jpg

http://stat.ameba.jp/user_images/20130829/04/080312jk/39/33/j/o0413041312665273028.jpg

By | 2016-11-25T20:17:53+00:00 12月 9th, 2013|毛髪知識|0 Comments

Leave A Comment